antibo花粉抗体スプレー

 

 

スギ花粉、ヒノキ花粉をブロックするantibo花粉抗体スプレーを紹介します。

 

 

<

 

まずは確認を

 

 

花粉症がどんなものかは今更改めて説明する必要もないかも知れません。
でも気をつけてほしいことがあるのです。

 

 

例年に増して鼻水やくしゃみがひどくなったら、
「ついに私も花粉症の仲間入りかあ」と思ってしまうかも知れませんが、
ちょっと待って下さい。

 

 

もしかすると、風邪かも知れません。
原因が違っても、症状が同じだからと花粉症の薬を飲んで不快な症状がおさまってしまったら
風邪であることが見逃されてしまいます。
これはこわい。

 

 

風邪と花粉症では服用する薬は違います。本来飲むべきでない薬を飲むことで体調を崩す場合もあります

 

検査をして本当に花粉症かどうか確かめることが大事です。

 

 

花粉症の原因植物は、日本では約60種類もあるといわれています。
その代表格がスギ花粉やひのき花粉ですが、
他にブタクサやキリンソウ、シラカンバなどが知られています。

 

花粉症の薬も全てに万能というわけではないので、原因植物が何であるかを確かめてから、
治療や対策に向き合うことをおすすめします。

 

 

当サイトで推奨するantibo花粉抗体スプレーは、スギ花粉とヒノキ花粉に対して効力を発揮する製品です。
というより、スギ花粉とヒノキ花粉に特化した抗体スプレーです。
スギ花粉とヒノキ花粉以外には効力を発揮しません。

 

ですが、スギ花粉とヒノキ花粉に対しては99パーセントをブロック
99という数字はほぼ「完璧」という言葉を連想させる数字です。

 

 

 

 

 

花粉対策と言うと、真っ先に頭に浮かぶのはマスクを付けることですよね。

 

当然の事ながら、マスクの表面にはたくさんの花粉が付着します。
マスクが花粉を直接鼻や口元に付着するのを防いでくれているという見方も出来ますが、

 

実態は違うのです。

 

花粉は水に濡れると割れて、中からさらにもっと細かい粒子が飛び出してくるのです。

 

マスクの内側、口元は湿度が90パーセント以上にもなるといわれています。
花粉がいつ割れるかわからないわけです。

 

外出すると、マスクのみならず、体全体に花粉が付着します。洋服も花粉だらけになります。
家に入る前に服を手で払っても、30パーセントほどの花粉は残ってしまいます。

 

家の中に持ちこまれた花粉が空気の流れに乗って舞い上がり、悪さをすることになります。
花粉対策としては、花粉に触れないようにする。
そして症状を緩和する、つまり薬を服用する。

 

この2つがありますが、

 

antibo花粉抗体スプレーは視点を変えた対策といえます。

 

 

それは花粉を不活性化するということです。

 

マスク、服、布団・・・ 気になるところにantibo花粉抗体スプレーを吹きかけて花粉を不活性化してしまえばいい。これなら身の回りの原因物質をないに等しくすることができるので安心です。

 

 

 

 

 

 

antibo花粉抗体スプレーの特徴をまとめてみます

 

 

スギ花粉とヒノキ花粉に対しては、シュッとするだけでなんとの99%を低減してしまうのです。

 

1プッシュのコストはわずか8円ですからコスパ抜群の製品といっていと思います。

 

吹きかけた瞬間から効力を発揮します。

 

コンパクトサイズなので、持ち運びにも便利です。

 

マスクや服やかばんにシュッとワンプッシュするだけ。

 

 

この手軽さがうけいれられたのでしょう。
テレビ通販で紹介されて、わずか1時間で200本売れたという実績を残しています。

 

2013年度販売実績50000本以上、花粉症に悩む人達の支持を得た花粉症対策商品と言えますね。

 

antbo花粉抗体スプレーは50ml入りで約1ヶ月分。
今なら3980円が初回限定3240円で購入できます。